花田内科クリニックHOME>苦痛のない内視鏡

診療時間
【平日】
午前:09:00~12:00
午後:15:00~18:00
【土曜】
午前:09:00~12:00
【休診日】
木曜・土曜午後・日祝日

携帯サイトはこちら

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡検査とは

当院では、鼻からカメラを導入する経鼻内視鏡を導入しております。通常、口からの内視鏡検査では、のどの奥にある舌根にスコープが接触してしまうため、嘔吐感を感じる患者様が多くいますが、経鼻内視鏡検査では、鼻からスコープを挿入する為、舌根部に触れることなく消化器に到達するため嘔吐感はほとんどありません。鼻腔内には麻酔剤を塗布するため鼻の痛みもありません。
また、従来の内視鏡検査に比べ、検査中に心臓、呼吸への負担も少ないことも知られています。さらに、検査中は医師と会話することができるため、モニターに映し出される自分の胃の映像を見て質問をしたりすることもできます。

経鼻内視鏡検査のメリット

苦痛が少ない
直径5.5mm(うどんと同じ程度)の細くてしなやかなスコープを使用します。

嘔吐感がおきにくい
スコープが舌の付け根に触れないため嘔吐感がおきにくい状態で検査を受診していただけます。

Drと話せる
口がふさがっていない為、医師と同じ映像を見て話すことも可能です。

麻酔事故のリスクが少ない
鼻腔への麻酔を使用し、眠くなる麻酔は使用しません。そのため体への負担も軽くできます。

注意事項
※挿入時に軽い鼻の痛みを20~40%程度の方に認めます。また、鼻出血を100人に1人ぐらいに認めますが、抗凝固剤(血をサラサラにするお薬)や肝臓が悪くて血が止まりにくい方には注意が必要ですので申し出て下さい。

経鼻内視鏡検査で見つかる病気

食道
食道炎、食道癌、食道静脈癌など


慢性胃炎、びらん、胃潰瘍、胃ポリープ、胃癌、胃粘膜下腫瘍など

十二指腸
十二指腸潰瘍、十二指腸癌など

検査の流れ

注意事項
※常用薬を服用されている方は、事前に医師にご相談ください。
※採血等の事前検査が必要な場合もあります。
※鼻が狭い方に関しては口からの内視鏡となります。